人の弱みを追求することが日本人の体質なんでしょうか

 

トランプ氏とのゴルフのときは
『安倍総理頑張ってもらいたいですねぇ』

と、他人事かのように
そうしてプレッシャーを与えて

良い結果に終われば
『良かったですねー』の一言だけ

 

でも、少しでも、『ん?』と思ったことは
徹底的にことごとくたたく
都合良すぎやしませんかね?

人の弱みを追求することの
何が楽しいのでしょうか?
これでは幸せになるものもならないでしょうに

 

 

そもそもね、
『責任を取れ』『辞任しろ』

と口を揃えて言うけれど
今後の安倍政権イメージの悪さが
今後続けることの難しさが
辞任するよりも辛く大きな責任のとり方じゃないでしょうか?

よーく考えてみてください
国民全体からの支持が得られない中
ゼロからでなくマイナスからのスタートの中
白い目で見られ、頑張っても結果が伴わない
そんな中で国を引っ張るのは実に孤独で辛いです。

ですが
それで、過去の失敗をバネにして
頑張ってまた支持されるようになれば
今以上に信頼できる人になるはずです。
芯の通った人になるはずです

 

現に改めなおして出てきたじゃないですか
それが一歩一歩小さかったとしても
変わってきているはずです

 

そんな安倍総理を、
私は素敵な方だと思います。

 

そもそも失敗しない人なんていないのですから
そこから変わる意思があるかどうですよ

 

今後、まだ同じ調子なら
そのときは、みんなが思う形で『責任を取れ!』
と言ってもいいでしょう。

 

 

それに、今回のように
『今の言葉は不適切だ!』とか
『ゆった』だ『ゆわないだ』
そんなの、証拠がないのだから
争っても仕方ないでしょ

子供の喧嘩ですか(笑)

そもそも、どうでもいい所をつつきあって
肝心なとこは、爪が甘い
やるなら証拠を持って徹底的にやりなさいよ

 

そもそもね、
これから良くしていこうとかの話し合いで
丁寧に喋らなければ。と

言葉を選んでいるから、肝心な話は進まずに
互いにどうでもいいところでムキになって
結局お互いに納得いかない仕上がりになるのですよ

もうこうなった以上本当のことなんてわかりやしないのですよ

なんだか、小学生のときくらいにした
先生との喧嘩を思い出します

 

 

また、
頭が硬い、固定概念が強いもの同士が
ぶつかり合っても答えなんて出ないのですよ。

いい大人が情けない

歩み寄ろうとする気持ちがないのなら
人にずべこべ言わず黙っときなさいよ
と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です