ベッキーさんの恋の芽

中居さんの
「すっげー好きだったんだね」って言葉に
あふれ出てくるベッキーさんの涙は
本気で愛した証拠。

辛かったんだろうな
苦しかったんだろうな
悔しかったんだろうな

たげど、
幸せだったんだろうな、
大好きだったんだろうな、って

隠したくなる感情を、恥を、
言い訳もせず「好きでした。」
と言えたベッキーさんは
とても、かっこいいと思う。

「最低だろ」「信じられない」
と批判する方にも
過去に溺れるほどの恋をしたことがあるはず
強がったり、失敗した事はあるはず

 

失敗を重ねて成長するのは“恋愛”も同じこと

 

きちんと間違いに気づけて
向き合う事ができたなら
それは人として成長したんだと思う。

 

相手や自分の立場を考えることができず
周りが見えなくなって、
自分本位になってしまうのが
本物の”恋の芽”であって、
“計算で成り立つ恋の芽”に本物はないと
私は、思いました。