人が悩みをいだくのは

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

何もかもうまくいかないや。。。
今日も良いことなかったな。。。

どうしてあの子は幸せそうなの?
どうすればいいの?
どうしたら楽になるの?
どうして私だけこんな目に合うの?
なんのために生きてるの?

と頭の中で沢山考えてみるものの
『だって。。。』『でも。。。』と
納得の行く答えは見つからなくて

泣きたくても泣くのは許されなくて
笑うことに必死になってしまって

一人になりたいのに一人が嫌で

大丈夫なふりをしてるけど
ほんとうは、とても苦しいくて

抱えきれない悩みの大きさに
飲み込まれそうになって しまうのです。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

悩む、抑うつになる
これらには全て意味があるのです

 

たまにね
『悩むということは
生きているという証拠なんだよ〜』

と、納得できそうで
納得できない言葉を耳にします。

私なんか、屁理屈者だから
こういうのを聞くと
『は?どういうこと?』
と、なるのですよ(笑)

誰がこんな無責任なこと考えたの??
もっと納得行くように説明しなさいよ!
と言いたくなるのです。

 

 

なので、今回は
人が抑うつ気分になる理由の1つ
人の心と成長についてまとめてみました。

 

何かに不安を感じたり
仕事での悩みごとだったり
プライベートの事だったり
今後のことを考えると怖くなったり
悩むって嫌ですよね、怖いですよね
悩みのない幸せな日々を送りたいですよね
それは、誰だって同じなはずです。

ですが、生きている限り
いや、人間が成長し続ける限り
〝悩み〟というものが必ず訪れます

それにはきちんと、理由があり
私達が、悩んだり苦しんだり
抑うつ気分になるときは

人として
大きく成長するときなのです
大きく生まれ変わる時なのです

今までの自分から、
新しい自分へと生まれ変わる
ユングで言うところの
『死と再生』なのです。

人は成長するたびにほぼ必ず
一旦、抑うつ(重度に病む)になるのです。

今までの自分ではだめだ
私はもっと、成長できる
もっと、いい方向へと変われる
っと信号を送っている証拠なのです

幸せになるための
人生の分岐点と言ってもいいでしょう

そうです。”病む“という心の動きは
とっても、とても大切なことなのです。

いいんです。今はたくさん悩んで
いいんです。今はたくさん泣いて
いいんです。今は後先考えなくて
いいんです。今はたくさん愚痴をこぼして
いいんです。今は遠回りしたって
いいんです。だって今はあなたが成長する為の準備期間中なのだから

 

『こうした方がいいのかも』
『あ、自分のここが駄目なんだ』

 

気づくことができたなら
後は、勇気を持って
その悩みと向き合うことです。

大切なことは
今のままでとどまらないように
前の自分に引き返さないように
ゆっくりでも、一歩づつ
自分の足で進んでいくことです。

 

生まれ変わるきっかけ成長するきっかけを
自分から作れたということは
ほんとにほんとに素敵なことだから

 

乗り越えられたときには
そんな自分を褒めてあげてください

『よく頑張ったね』っと
『あの頃の自分があるから今がある』っと
『これからは次の悩みが訪れるまでは幸せいっぱいだぞっ!』っと

1日だけ自分を甘やかしてあげてください
そうして、次の日から前を向いてください

時間がかかるのは当然です。
着慣れた自分の殻を捨てるのだから

捨てるには何十倍もの
エネルギーが必要なのですから
新しい自分に違和感を感じるものだから

変わることができたあかつきには
今までにない景色があります
生まれ変わるのに一番大切なことは
『自分を信じること』です。

今は大丈夫じゃなくても
もぅ大丈夫と思える日がきっときます。

 

 

♡*・*♡*・余談・*♡*・*♡

 

私が昔読んだ本で
IKKOさんの『IKKO心の格言200』の一ページ目に

心が追い詰められていくことは、悪いことばかりでもないの。心が追い詰められないと気がつけないことだってたくさんある。追い詰められたときこそ『これが私の人生を深くしてくれる』と、(省略)
必死に生きて葛藤を繰り返して乗り越えた瞬間に確信する言葉が、きっと本物

という文がありました。
きっと、IKKOさんも沢山の悩みから
成長し確立していったのだと思います。

 

 

~参考文献~

(IKKO『IKKO 心の格言200』)