ゆとり教育の大切さ

 

♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚

それが良いのか悪いのかは
やってみなきゃわからない
だからまずは〝行動に移してみる〟
それが一番大切なことで
結果的な評価は自分自身が決めること。

♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚

 

これは、最近の私の学校の研究で
なんとも未完成で統計も実験結果も
未完成なのですが私なりの考えを述べます

私達の23の代は、
ゆとり教育の代表とも言えるくらいの
ゆとりの中のゆとりです。

皆さんは、ゆとり世代について
どういう考えをお持ちですか?

『仕事に対しての勢いがない』
『他人と競う事ができない』

詰め込み世代を経験してきた人からすると
マイナスな要素が多いと思います。

 

そもそもどういった目的で
ゆとり教育になったのか
皆さんはご存知ですか?

ゆとり教育は
小学校は1980年度、中学校は1981年度、
高等学校は1982年度から施行され。

物事を自分で考えるという習慣をつける。
誰かと競うのではなく、自分は自分
結果はすべて自分次第
勉強以外に他のことにも関心を寄せる

と自立心を高めるために作られたのです。

教育評論家の尾木直樹こと尾木ママは
『自分と闘う強さ』
『1つにとらわれない柔らかさ』
『他人と比較しない強さ』
それこそが、ゆとり教育なんです。
と言っています。

 

新黄金世代 ともいわれる
羽生結弦選手の、
『1番の敵は自分自身』
まさに、ゆとり教育の象徴です。

また、ゆとり世代 と詰め込み世代の
他人に対する興味の示し方の違いも大きく

小さな頃から
勉強やスポーツで順位をつけたり
『○○ちゃんはあんなに凄いのに』などと
誰かと競うことで常に誰かを意識し
競う事が日常的になっていき

そこから、
あの子もやってるから私もいいでしょ
と、周りに流されてしまうのです。

逆にゆとり世代の子たちは
周りを気にしません
気にしないからこそ
競う事で得られる向上心が
失われてしまっているのです。

 

。。。と
それぞれにいいか悪いかは別として
実際に詰め込み教育からゆとり教育に
がらりと変わることによって
良い面も、悪い面も知る事ができ
これからの、教育をより良くする道が
見えたのだと思います。

結果的に無駄なことではなく
意味のある事だったのです。

これからは
詰め込み教育とゆとり教育の
良い点、悪い点をしっかり分析し
程よい匙加減教育をできれば
また違う素晴らしさが見えるのかな?
と思いました。

 

~参考文献~

(尾木直樹『生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ』)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です