発達心理学 第一弾

 

˳◌* ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ *◌˳

人はどんな人でも
環境とともに変化し
年齢とともに成長をします

そうして長い年月をへて
人としての深さがうまれます

˳◌* ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ *◌˳

 

今回は
生きていく上で一番大切とも言える
発達心理学 第一弾発達心理学の触りの部分
についてです

こんな経験ありませんか?

 

『昔親から言われたことが
今にになってようやくわかった』

 

これが、今回の、環境と年齢
発達段階のポイントなんです。

 

『環境が人を変える』
それは間違いではありません

 

ですが
10代には10代の発達、
20代には20代の発達
30代には30代の発達があり
それぞれ年齢に合わせた
発達段階 というものもあるのです。

 

人は必ず成長し変化する生き物なのです

 

それは
出会う人からの刺激
本を読んで気づいたこと
テレビを見て感じたこと
勉強したからわかったこと

 

それと、並行して
10代になったからわかったこと
30代になってやっとわかったこと
50代になってわかることができたこと
があるのです。

 

 

特にね、今の日本人は
年齢別に見る心理(発達心理学)
の素晴らしさを知ろうとしません

若い頃の失敗を引っこ抜いてきて
『あ、、、この人はダメだ』と

変化を嫌い、成長を見ずに、
人の良さをわかろうとしない
そして、すべての人を自分と同じ
ひとくくりで見てしまう傾向があるのです

 

人はどんな人でも
環境とともに変化し年齢とともに成長をします
そうして長い年月をへて人としての深さがうまれるのです。

 

 

~参考文献~

(杉原一昭『事例でみる発達と臨床―カウンセリングの現場から』)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です