本を書いたきっかけ

 

 

つい先日、ちょっとしたきっかけで
本を出版させていただくことになりました。

どうして本を書いたの?とよく聞かれます

きっかけなんてほんと単純で
大学で論文を書いているときに
「これ小説にできるんじゃない?」
と思ったからです。

これは、論文を書いた人の大半は
一瞬でも思ったことだと思います。
その思った事を実行してみただけです。

実際に小説を書いてみて思ったことは
1冊200ページにも登る本を書くのは
簡単ではないということでした

私は、学がないものですから
たくさんの本を読みました。
完成するまでにかなりの時間がかかりました。
こうなりゃぁ、執念です(笑)

そうして、実際に本を書いてみて
皆さんに伝えたいなぁと思ったことは

それぞれの本にはそれぞれに意味があって
無駄なものは一つもないと言うことでした。

だから、私は本を読むし
本をすすめるし、本を書いたのです。