少しの判断ミスから心の病気はうまれます

 

人は常に
正常と異常が交差していて隣り合わせ
少しの判断ミスから心の病気はうまれる。
それほどまでに人はもろく儚いものです

 

一般人がネットや人の情報に左右されて
勝手に判断し、勝手に病状を決め
これほど怖いものはありません

 

軽いものでの例を上げると血液型です。

「貴方はO型なのに、細かいよね?」とか
「私はA型だからきっちりしないと」とか
そもそも、血液で人は決まりませんし
『A型だからこうあるべき!』、、、と
私達が血液型に性格を合わせているのです
なんと、単純な人たちでしょう。(笑)

そんな人たちには壺を売りましょうかしら

 

そして私が思う
最も危険なことは病状の勝手な判断です

『私は、鬱だ』
『私は、精神病だ』
『私は、人格障害だ』 など
病気を勝手に決めつけることです。

きちんと、研究してる人たちは
病気を勝手に判断し決めつけたりしません

きちんとした診断を
色々な方面から診断し
慎重に結果を出します

 

勝手な判断をしてしまうと
先ほどお伝えした血液型のように
私達、人間が病名に振り回されて
自分で自分を縛り付けて苦しめて病気の方へ病気の方へ近づいてしまうのです
折角の一度しかない人生を
無駄にしかねません

 

(鈴木直人『感情心理学』)でも述べられているように『感情という生物学的システムは、健康状態を作り出し、健康を知事する中心的な役割を果たしていると考えられる。』といえます。

病は気から 本当にそのとおりです。これ以上は専門的な脳の話になって長くなるので気になるなら、詳しくは本でも読んで勉強してください(笑)

 

 

どうせなら、楽しくて生きたいですよね

だったら、逆に
『私は、健康的』『私は、幸せ』

人間が幸せの方向に
合わせて行ってはどうでしょう。

最初はしんどいけど
必ず幸せがやってきます。

 

 

~参考文献~

(鈴木直人『感情心理学』)
(青木紀久代『徹底図解 臨床心理学―フロイトの理論から現代の臨床事例まで』)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です