社会を悩ます 【 これだから最近の子は 】

˳◌* ┈ ┈ ┈ ┈ ┈┈ ┈ ┈ *◌˳

これだから最近の子は
この子はまだまだ苦労を知らないのよ

そうやって一部の大人は
私達を見下し拒絶します

そうして私達若者は
何も教えてもらえないまま
大人との交流を 閉ざしてしまい
何も学ばなくなりました

˳◌* ┈ ┈ ┈ ┈┈ ┈ ┈ ┈ *◌˳

 

「 これだから最近の子は 」と
青年期(18歳~24歳)ぐらいの方は
呪文のように言われたことがあるかもしれません
表立っては笑顔を見せても

心の中では「 私の何を知っているの? 」
と 腑が煮えくり返る。
そんな思いしたことあると思います

ただ
子供のころだと不愉快に思えば
その方と縁を切ればいいだけなのですが
社会人になるとそうもいかないのです。

 

“最近の子は何も知らない”

 

と言うけれど
最近やっと大人の仲間入りをして
大人の方と接する機会ができて
これから勉強するのだから
しらなくて当然の事で

もぅ人生の勉強をした人に
「これだから最近の子は」と言われても
困ってしまいます。

それに
馬鹿にされながら働くって
本当に辛いですよね。

 

ただ、
他人の人生を知ったように言う人ほど
まだまだ未熟者なのだとおもいます

「 これだから最近の子は 」の裏には
『 ねぇ?どお?私イケてるでしょ? 』

「 まだまだ苦労を知らないのよ 」の裏には
『 私はここまでしてきたのよ!どう? 』

よくわからない自慢を押し付けてきたり
天狗になりすぎた人だったり
自分の価値観のみが正しいと
それを人に押し付けてたり

古きの知恵だけが素晴らしいと思い込んで
新しい時代(モノ、人)の吸収が
閉ざされた人だったり

そこで、そういう人に
どんな言葉を投げかけても
その言葉を受け止めることはしてくれません

それは固定概念が強いから
自分のものさしが強いから

そんな人に腹をたてるのは
無駄な労力。腹が立つのも分かりますが
そこはグッとこらえるべきです。

そして、
まだまだこれからの若者は
人生の先輩たちから
良いとも悪い事も
しっかりと勉強させて頂き

自分が大人になったとき
同じ事を繰り返さないことだけを考えるのです

 

と、これは
若僧の私の意見です。

 

~本紹介~

(村井俊哉、森本恵子、と石井信子『メンタルヘルスを学ぶ: 精神医学・内科学・心理学の視点から』)